足湯ダイエットの効果!体は温まるの?自宅でもできる?

健康法

こんにちは、あーさんです。

今回は足湯のススメ!

足湯と聞くと温泉や観光地などをイメージする人も多いでしょう。

足湯めぐりがスポット化していたり、名物になっている場所もあるようです。

旅先でのんびり足湯に浸かるのも気分転換になります。

一方で温泉は着替えを用意したり、女性は特に頭髪やメイクを落としたりなど身支度が面倒ですが、足湯はひざ下だけお湯に浸かるため手軽に入浴ができます。

観光地に行かなければ足湯に入れないと思うかもしれません。

しかし、実は自宅でも出来るお手軽な入浴法なんです。

足湯に浸かっていつもと違う入浴タイムを味わってみてはいかがでしょう。

おウチで足湯は筆者もよくやるんです。

シャワーの時に足湯してます。

冬場は特に足が冷えてなかなか眠れない。

眠れない日の入浴は決まってシャワーでした。

シャワーで少しでも温まる方法がないかと考えたのがシャワーしながら足湯!

お風呂ほどではないですがシャワーより体がポカポカになりました。

調べてみるとダイエットにも良いみたい!

さっそく調べてみました。

足湯ダイエットの効果

痩せやすくなる体になって代謝改善!

全身浴で長い時間お湯に浸かるのは、のぼせる原因になります。

足湯を長時間行うと、じんわりと全身の血行が良くなり身体が温まります。

発汗作用にも効果あり!

全身の冷えが改善されるので、代謝の向上になり痩せやすい体質になるのです。

むくみの解消!美脚になれる

足は心臓から遠くにあり冷えやすい部位です。

足先を温めることで、血行促進の効果が期待できます。

血行が良くなると、足に溜まった老廃物や余分な水分が排出され、足のむくみが解消されるのです。

足のむくみが解消されると見た目もスッキリした美脚になれるかも!

足湯をするメリット

免疫力の向上

足湯は、自律神経の一種である副交感神経の働きが高まる効果があります。

副交感神経の働きが高まると免疫として働く細胞が活性化します。

免疫が上がるって嬉しいですね。

病気に負けない身体づくりができます。

リラックス効果

自律神経の働きが整うと、ホルモンバランスも整います。

ホルモンバランスが整うことでストレスの解消の予防に。

リラックスできます。

温かいお湯に浸かったり触ったりすると温かくて気持ちよくなり、ホっと安心しますよね。

ホッと安心するということは、自律神経が喜んでいる証拠ですよね。

女性は生理中のお風呂に入れない時にも活用できます。

生理中はホルモンバランスが崩れがち。

足湯をして身体を温めて癒してあげましょう。

簡単にできる足湯のやり方

ふくらはぎが浸かるくらいの大きめのバケツを用意します。

38~42度くらいのお湯をはり、じっくりふくらはぎまで浸かります。

お湯が冷めてしまうので、熱めの指し湯も忘れず用意します。

身体がポカポカ、じんわりと汗が出てくるまで行うことがおすすめ。

太ももにひざ掛けや小さい毛布などをかけると、より効果的なんだとか。

アロマオイルや入浴剤などを入れて香りを楽しむこともできます。

家事の合間や帰宅後の休憩タイムにできるのが足湯の魅力です。

テレビを見たり、本を読んだりなど自宅でくつろぐ時間に足湯をやりましょう。

裏技!?シャワーの時に足湯しちゃいます

足湯はよくやるんです。

特にシャワーの時!

髪や体を洗うときに座りますよね。

(立ったまま洗う派の人は参考にならないかも)

座っている時に足湯するんです。

桶にお湯をたっぷりはって足を入れたまま体と髪を洗います。

洗っている時間を利用しちゃう。

入浴後、普通にシャワーをした時との体温の差が全然違います。

シャワーは体の表面しか温りませんから。

体の疲れの取れ方も違うんです!

冬のシャワー時によくやります。

足をお湯から出したらボディソープや石けんでしっかり洗いましょう。

指の間までしっかりと。

足ってしっかりきれいに洗うことを忘れてしまいがち。

汚れを落としきれないと角質がたまったり、細菌が増えるんですよ。

臭いの原因にも。

一日中靴を履いた足はコップ一杯分の汗をかくと言われています。

特に足に汗をかきやすい人は足を清潔にしましょう。

足の水分をしっかり拭き取ることも忘れずに!

足湯に私が使っている桶はこちらです。

手前の大きい桶が足湯専用。

小さい方は通常サイズの桶です。

比べてみても分かりますが大容量サイズ!

しかも折り畳みができるタイプです。

収納に超便利で重宝しています。

S字フックを使えば吊り下げ可能!

片づけなくていいから、とても気に入っています。

足を入れても十分な大きさ。

折り畳みに魅かれてこの桶を購入しましたが、ひとつだけデメリットが。

この折り畳み桶は足湯専用ではないため、ふくらはぎまでお湯に浸かれない。

前回は足湯専用バケツを使用していました。

確かにふくらはぎまで浸かれてことを思い出したんです。

足湯バケツの方がもっと体が温まっていました。

ふくらはぎまで浸かるということがポイントなんだな!

足湯バケツは残念なことに・・・収納に困ったので処分してしまいました。

しかしこの桶でも足は充分温まります!

足湯バケツも折り畳みタイプが出ているからまた調べてみようっと。

まとめ

足湯はダイエットに効果的で自宅で手軽に楽しめる、身体もリラックスできる入浴法ということが分かりました。

時間がなくてお風呂に入れない、お風呂よりシャワー派という人にオススメです。

身体にも精神的にも温めるって大事なんですよ。

外側からじゃなくて内側から温めるのがポイント。

血行と代謝を良くしてダイエットと健康に役立てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました