ゼロカロリーはカロリーがある?食品表示のルールを調べてみた話。

食事

こんにちは、あーさんです。

ダイエッターは「ゼロキロカロリー」という言葉に敏感になる傾向があると思いませんか。

カロリーを気にして、ゼロキロカロリーの飲料や、食品を選んでいる人も多いですよね。

実はこのゼロキロカロリーという表示は、カロリーが全くのゼロというワケではないのです。

食品表示にはルールがある

食品に関する法律や、食品衛生法、JAS法、薬事法、健康増進法など・・食品表示にはさまざまなルールがたくさんあります。

ちなみに0kcalカロリーは食品に関する法律に関係しているそうです。

「カロリーゼロ」と表示できる基準

100ml当たり5kcal未満

その他にも「ノンカロリー」が当てはまります。

「カロリーオフ」と表示できる基準

100ml当たり20kcal未満

その他にも「低カロリー」「カロリー控えめ」「ダイエット」が当てはまります。

栄養成分の内容量が一定基準を下回っていれば、「無」「ゼロ」「ノン」「レス」と表示できます。

あすけんホームページ

「カロリーゼロ」はゼロじゃないんですね。

コーヒーやお茶も0kcalとありますが、ブラックコーヒーのカロリーは100g当たり4kcal、緑茶のカロリーは2kcalとわずかですがカロリーがあります。

カロリーを下げるために、人工甘味料を使用している食品もあるそうです。

化学的な添加物による身体への悪影響も報告されているので、とりすぎには注意が必要なんだとか。

まとめ

カロリーを下げるために、人工甘味料を使用している食品もあるという事実が衝撃でした。

ゼロキロカロリーが身体に悪いという話を聞いたことがありますが、人工甘味料が入っているから身体に悪いということなんだな。

特に飲料水はゼロキロカロリーが多い印象があります、特に炭酸飲料。

炭酸飲料に限らず、甘いモノも食べたい、でもダイエットもするからと、ついついゼロキロカロリーの食品を選んでしまいがちですが、身体のことを考えると控えたほうがいいですよね。

この記事を読んで「ゼロキロカロリー」の見方が変わったと思います。

ゼロキロカロリーはほどほどにして、栄養価を考えた食事を摂ることを心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました